〒640-8220 和歌山市下町58番地(紀ノ川大橋東詰)

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

FB  インスタ
駐車場

駐車場 15台完備

LINK

アートギャッベ
飛騨木工連合
HOME»  ブログ記事一覧»  ☆ メンテナンス»  梅雨時に気になるベッドのカビ予防!

梅雨時に気になるベッドのカビ予防!

梅雨時に気になるベッドのカビ予防!

今年はいつもより少し遅く梅雨に入りましたね。
梅雨の中休みのようなお天気のこの土曜日、日曜日。
ここぞとばかりに洗濯物を干したくなります!



雨が続くジメジメと不快な梅雨時は洗濯物が乾かなかったり、髪が上手くまとまらなかったり。
中でも湿度が高くなるとカビが発生する危険が…特にベッドは気にされている方も多いのではないでしょうか。
今回のブログではベッドのカビ予防についてお話ししようと思います。
 


カビが繁殖する条件
 

カビ

カビが繁殖するには温度、湿度、栄養などが必要です。
そのため、

・シーツやパッドを定期的に洗濯していない

・かけ布団やマットレスをベッドに敷きっぱなしにしている

・寝室の窓をあまり開けない 空気の入れ替えをしない


などがベッドやマットレスにカビが繁殖する要因になっています。
しっかりと対策をしていきたいところですね!
 

 
カビの予防方法

次に、具体的なカビの予防方法です。
カビ予防の基本は、風を通して、湿気を逃がして、湿気をためないことが重要になります。
 
・掛け布団を掛けっぱなしにしない

・マットレスを定期的にベッドに立てかける




ベッドのカビ予防

布団やマットレスを敷きっぱなしにすると、ベッドフレームとの接触部分に湿気が溜まり、カビが繁殖してしまいます。
朝起きたら布団を畳むことを習慣にして、マットレスは定期的にベッドフレームからおろして立てておくなどしましょう。
 

・パッドやシーツは定期的に洗濯を

埃やふけがカビの栄養になってしまいます。
汗を吸収するシーツとパッドはこまめに洗濯して清潔にしてください。
 

・寝室の除湿、換気を良くする

晴れた日に窓を開けたり、クーラーを利用するなど、カビの発生を防ぐためにも部屋の除湿は大切です。
 

・壁にベッドの側面をつけて設置しない

壁にピッタリつけて設置しているお家も多いのではないでしょうか。
すき間にたまったほこりや壁の湿気も、カビの原因となります。ベッドは空気の通り道を作れるよう、壁や窓から少し離してすき間をつくって置くのがポイントです。
 
 

ベッド
 

湿度が気になるこの季節、しっかりとカビ予防をして梅雨を乗り切りましょう!


 


 

心地よい生活空間のお手伝い。
天然木のぬくもり、草木染めのやさしさ、匠が奏でる美しさ・・・
末長く、親しみをもってお使いいただける家具や絨毯をご提案します。
 
本家貴志タンス
和歌山県和歌山市下町58
℡ 073-422-0303
http://www.h-kishi.co.jp/

 



 

2019-07-07 11:31:14

☆ メンテナンス