〒640-8220 和歌山市下町58番地(紀ノ川大橋東詰)

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

FB  インスタ
駐車場

駐車場 15台完備

アートギャッベ
 

LINK

アートギャッベ
飛騨木工連合
HOME»  ブログ記事一覧»  ☆ メンテナンス

☆ メンテナンス

  • 件 (全件)
  • 1

家具のお手入れ方法

お手入れ方法
                              木部のお手入れ(ポリウレタン塗装、オイル仕上げ) ソファのお手入れ(布張り、本革、合成皮革)
       
    木部お手入れ
 
 ポリウレタン塗装

家具の表面をウレタン樹脂の塗膜を施す仕上げです。塗装面が比較的かたくてキズや、水分をこぼしてもシミが付きにくいのが特徴です。お手入れが比較的簡単に行えます。

■普段のお手入れ
柔らかい布で乾拭き、もしくは水で固く絞った布で拭いてください。
■汚れがひどい時
中性洗剤を水で薄めて布に浸し、よく絞ってから汚れを拭き取ってください。
その後、水拭きし 最後に乾いた布で乾拭きします。

*ワックスや化学雑巾、メラミンスポンジなどのご使用は変色や傷の原因になりますので使用しないでください。熱い物の直置きは輪ジメの原因となりますので鍋敷きやコースターなどをご利用ください。水分をこぼしてしまった時は、すぐに拭き取っていただきますとシミを防ぐことができます。


 オイル仕上げ
オイル仕上げは、自然に近い風合いや木の良さを活かす為、木が呼吸できるように表面に植物性のオイルを塗り染み込ませる仕上げ方法です。塗膜がとても薄く、水分を吸収しやすいためシミが付きやすく、キズが付いたり、日焼けもしますが 使い込む程に木の風合が増し、キズや汚れが味わいとなってくるのがオイル仕上げの家具の特徴です。

■普段のお手入れ
柔らかい布で乾拭き、もしくは水で固く絞った布で拭いてください。
■定期的なお手入れ
オイルは時間と共に揮発していきますので表面が乾燥してカサついてきたら、オイルを塗布してください。
ダイニングテーブルなど使用頻度の多い家具や冬場乾燥する時期には、頻度を増やして塗布することをおすすめします。
■キズが付いたり、シミが気になる時
メンテナンスキットを用いて補修をしましょう。(*無垢材の家具に限ります)

*ワックスや化学雑巾、メラミンスポンジなどのご使用は変色や傷の原因になりますので使用しないでください。熱い物の直置きは輪ジメの原因となりますので鍋敷きやコースターなどをご利用ください。水分をこぼしてしまった時は、すぐに拭き取っていただきますとシミを防ぐことができます。無垢材の家具は、乾燥による木部の反りや割れが生じる場合がございます。冬場のエアコンなどの暖房の風が直接家具に当たらないようにご注意ください。


  おすすめメンテナンスキット
キット
 飛騨産業のオイルメンテナンスキット  ¥3,240-(税込)

亜麻仁油などの自然塗料と蜜蝋のワックスがセットになったキットです。ダイニングテーブルなどのご使用の頻度が高い家具にはご購入1カ月以内に蜜蝋のワックスを塗布し、年2回~3回のお手入れをおすすめ致します。
(飛騨産業の家具をご購入されているお客様に推奨致します。)
キット  リボスのオイルメンテナンスキット  ¥2,592-(税込)

オイル塗装とワックス掛けが同時にできて、家具の表面の乾燥を防ぎ撥水効果があります。
亜麻仁油やローズマリーオイルなど自然由来のオイルで安心してお使い頂けます。

 
キット  オレンジオイル  ¥2,052-(税込)

天然のオレンジオイルで木部塗装の汚れを落とし、同時に艶を与え 乾燥を防ぎます。
ダイニングテーブルの天板は1ヵ月~2ヵ月を目安に塗布をおすすめ致します。
比較的低粘度の為、上記のオイルメンテナンスと併用をお願い致します。

 オイルの塗布
1. 木部を乾いた布又は水で絞った布で拭いて汚れを落とす。
2. ウエス(起毛していない白い布)にオイルを浸し、木目に沿ってオイルを塗布する
3. 塗布し終わったら、しばらくそのままにし、木部にオイルを浸透させる。(10分~20分くらい)
4. 浸透しきれない表面に残ったオイルは、乾いた布で軽く拭き取り、半日~1日くらいかけて乾燥させる。
5. オイルが乾いたらきれいな布で乾拭きしてください。家具を使い始めるときは、洋服などにオイルが付かないかを確認してから
お使いください。

注意:作業を行う場合はお部屋の窓を開けて換気を行ってください。
     作業中はオイルが服につく場合がございますのでご注意ください。
    自然発火する恐れがあるので、使い終わったウエスは水に湿らせてから捨ててください。
 
 キズやシミのメンテナンス(無垢材の家具に限る)
1. メンテナンスキットについているサンドペーパーなどで木目に沿って軽く磨いてください。
 家具の表面にキズやシミがある場合は♯100~120番のサンドペーパーで木目に沿ってその箇所を研磨します。
 キズが見えなくなったら、♯240~400番の目の細かいサンドペーパーで研磨し、表面を滑らかに整えます。
 (サンドペーパーに添え木をあてると平らに磨けます。)
2. 表面についた木の粉を払い落として、きれいに拭いてください。
3. その後はオイル塗布の手順にそってお手入れを行ってください。


 
ソファお手入れ

 布貼り
■普段のお手入れ
やわらかいブラシでブラッシングしたり、掃除機などでホコリを取り除いてください。(掃除機のノズルはブラシに替えてご使用ください。強くこすると摩擦により生地を傷める恐れがあります。)撥水スプレーなどを定期的にご使用いただきますと水分を含んだ汚れをある程度防ぐことができます。
■汚れてしまった時
コーヒーなどの水分の汚れは布などですくに吸い取ってください。汚れが残った時は、水で薄めた中性洗剤を柔らかい布に浸し、かたく絞って表面をたたくようにして汚れを落としてください。水で絞った布で洗剤分を拭き取り、乾いた布で乾拭きしてください。この時強くこすらないようにお願いします。上記の方法で汚れが取れなかった場合は専用のクリーナーのご使用をおすすめします。
■カバーリングタイプのソファ
カバーを外し、クリーニング業者に相談の上、ドライクリーニングをご利用下さい。最近、手洗い出来る生地もございますが、洗濯機でお洗濯すると、生地の縮みや型崩れ色落ちなどが生じる場合がございますので、生地の表示をお確かめください。こすると逆に汚れを染み込ませたり、色落ちの原因となりますのでご注意ください。


 レザー(本皮革)
■普段のお手入れ
柔らかい布で乾拭きをしてください。液体をこぼした時はすぐに乾いた布等で拭き取ってください。お買上後、専用レザープロテクションクリームをお使い頂くと防汚効果が高まります。年2回程度専用のクリーナーとプロテクションクリームのお手入れをおすすめします。革が固くなったり、変色や色褪せの原因となりますので、ベンジンやシンナー、アルカリ性の洗剤、靴用クリームなどは使用しないでください。
■汚れが気になる時
皮革専用のクリーナーを使ってお手入れしてください。クリーナーを使用する時は、目立たない部分でプレテストを行ってください。


 合成皮革
■普段のお手入れ
柔らかい布で軽く乾拭きをしてください。
■汚れが気になる時
手垢や食べ物の汚れがついた場合は、水で薄めた中性洗剤を浸してかたく絞った布で汚れを落としてください。次に水で湿らせた布で洗剤分を取り除き、乾いた布で水分を拭き取ってください。


  おすすめメンテナンスキット
オイルメンテナンス
 UNITERS LEATHER MASTER  ¥5,616-(税込)

革製品に使用できるユニタス レザーケアキットは日常生活の汚れや水溶性の汚れ、(ジュース、ビール等のアルコール類)比較的新しい皮脂の除去など普段のお手入れに適したレザーソフトクリーナーと、ジュース、アルコール或いは皮脂や脂肪、油性の製品(油、化粧品、バター、ドレッシング等)の浸透を抑えるレザープロテクションクリームがセットになっています。
メンテナンス  UNITERS TEXTILE  MASTER  ¥4,104-(税込)

ユニタス テキスタイルケアキットは合成繊維やマイクロファイバー製の商品に適したクリーナーと汚れ防止効果のあるテキスタイルプロテクター、スポンジが同梱されています。
プロテクター効果は半年間持続します。半年に一度のケアをおすすめします。

 
ブログ  テキスタイルプロテクターW  500ml  ¥3,996-(税込)

大切なソファを汚れから守ってくれるテキスタイルプロテクター。ご使用前に吹きかけていただくだけで、繊維に汚れが付着するのを防ぎ より綺麗な状態で長くお使いいただけます。天然繊維、合成繊維、マイクロファイバーに対応しております。


 

2015-05-23 14:38:00

アートギャッベ クリーニング☆

今日は風が爽やかでとっても気持ちが良いお天気になりましたicon

先日、アートギャッベのユーザー様からギャッベにお醤油をこぼしてしまって・・どうしたら良いですか?とお問い合わせがありました☆大切なお気に入りのギャッベにシミが付いたら・・と、とっても心配された事と思います。お問い合わせの前に、お客様自身である程度汚れ落としの対処をされたのですが、取りきれなくて、との事で急いでお店までお持ちいただきました。

飼っている猫ちゃんiconがテーブルの上のお醤油のビンを倒してしまって、朝気が付いた時には広範囲に汚れが広がっていたそうです★


アートギャッベ クリーニング


まずは、お店でも取りきれていないお醤油を再度ペーパータオルでしっかり吸い取り、ギャッベの下にタオルを敷いて水で湿らせたタオルでしっかりとお醤油を叩き出しました☆


アートギャッベ クリーニング


アートギャッベは一般のギャッベと違って油分を脱脂していない羊毛を使っている為、汚れが付きにくく溢してすぐの場合はこれでほとんど綺麗になるのですが・・・今回はギャッベの裏側まで染み込んでいたので、絨毯専門のクリーニング業者に洗浄としみ抜きを依頼しました。



そして、クリーニングが終わったギャッベがこちら♪

溢されたお醤油のシミもとれて綺麗になりましたicon


アートギャッベ クリーニング


原毛のアイボリーと胡桃で染めた優しい色合いのギャッベに戻りましたicon


アートギャッベ クリーニング


アートギャッベのクリーニングは一般のクリーニング店では行えませんので、お店までお問い合わせ下さいませ。

ますはお見積りをさせて頂きますicon



アートギャッベのお手入れ講習会でもお伝えさせて頂いておりますが、コーヒー、ジュース、お醤油・・・などを万が一溢してしまったら放置せず直ぐ、ティッシュペーパー等で吸い取って下さい。ティッシュで押し当てても水分が付かなくなるまでしっかりと吸い取って下さい。それから水で湿らせたタオルで汚れを叩き落とすと綺麗になります。


汚れがひどい時は、ギャッベの下にタオルをしいて、たっぷりの水で濡らしたタオルでギャッベの裏側に汚れを水で押し出す様にしっかりと叩き出して下さい。それでも汚れが取れない場合はクリーニングやしみ抜きで綺麗になります。(汚れの度合いにもよります)


永くお使い頂く事が出来るギャッベ、普段の生活のなかで飲み物を溢してしまう事など多々あると思いますが、慌てずに対処して下さいねiconまた、数年~10年位お使い頂いたギャッベは一度洗浄すると普段のお手入れで取れない汚れが取れてリフレッシュするのでオススメ致します。気になる方はいつでもお問い合わせ下さいませicon

2015-05-21 11:22:00

  • 件 (全件)
  • 1